~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

ピアニスト

      2020/03/21

ピアニストというのはなかなか繊細なものだと思います。それはクラシックと言うか、純音楽の人に限らずジャズのピアニストでも同じようです。とはいえジャズピアニストの健康に関して言うならば、今日極端だと思いますけど。

先日、マッコイ・タイナーというジャズピアニストがお亡くなりになりました。81歳だったそうですが、この世界では非常に有名な人です。彼が有名になるのはジャズの巨人の一人と言われるジョン・コルトレーンのグループに所属したのがきっかけです。これくらいの世代のジャズピアニストって食べ物に気を使っている人が多くて、菜食主義の人も多くいるようです。タイナーがそうだったかどうかわかりませんが、彼らを扱った架空の漫画で面白いものがあったので紹介しましょう。コルトレーンは1曲の時間が長いので有名ですが、ドラマーのエルビン・ジョーンズを相手に練習していますが、エルビンは腹が減ったとコルトレーンに訴えます。コルトレーンはタイナーにインスタントラーメンを買いに行かせていました。輸入食品店から帰ってきた3人は当時は革新的で珍しかったインスタントラーメンを丼に入れて、お湯をかけて食べます。コルトレーンは卵を入れます。そこに当時ライバル?だったオーネット・コールマンという人がバンドのメンバーを引き連れて現れます。手にはラーメン鉢が。そしてそのラーメンのトッピングが革新的というか…。

作者はお酒の漫画でも知られるラズウェル細木さんですが、トッピングの発送がすごくて、思わず吹き出してしまいます。その頃のジャズは混沌としていて、それをインスタンtラーメンのトッピングに表わしているんですが、いちごジャムや歯磨きまで入っていて…。

ピアニスト

 - 料理ブログ,