~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

中国人と弁当

      2019/10/30

中国人は日本のベントは見た目は美味しそうだけど、あまり食べたいと思わないということらしいです。中国でも以前は昼食を家に帰って食べるという人が多かったようなのですが、今ではてリバリーサービスや、弁当持参の人も多いとか。

とは言うものの、中国人の方々にとっては日本の弁当はあまり共感を得ていないようです。理由は一つ。日本の弁当は冷たいからです。中国人の食事は温かいというのが基本になっているので、どんなに綺麗に盛り付けられていたとしても、冷たいものは敬遠されるようです。日本の弁当もコンビニなどでは電子レンジで再加熱してくれるますし、家から持っていく場合でも、それなりの職場なら電子レンジなどもあるようですが、やはりそれでは駄目なんでしょうか?そう言えば、中学生くらいの時にその時は珍しかったランチジャーというもので弁当を持っていっていたことがあります。かなりサイズは大きかったと思いますが、まあ温かいものが食べられたような記憶があります。その頃は味噌汁が入るというようなものはなくて、おかずとご飯だけでしたけど。問題は中身なんですが、ほとんどウィンナーソーセージとレトルトや魚肉のハンバーグと、卵焼きとピーマンを炒めたものなどのローテーションだったように思います。ともかく、重たかったという印象がありますね。

家に帰って食べるというのは一番、経済的な気もしますが職場と自宅が離れている場合はそうも行きませんね。インドのお弁当はなかなか面白システムになっているようですが、あのようなことが日本でもできるのであれば、温かい安心な昼食が楽しめますね。

中国人と弁当

 - 料理ブログ,