~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

賞味期限延長

      2019/10/25

報道によると、大手のビール会社がビール系飲料の賞味期限を9ヶ月から12ヶ月に延長するということになったらしいです。缶入りと瓶入りを対象にするということで、業務用の樽?は含まないんだそうです。家で樽を持っている人はいないでしょうね。

他の大手メーカーも追随するようですが、製造時期もこれまでは年月と上旬、中旬、下旬という形で表示していた物を年月のみにするとか。来年3月以降の生産分かららしいのですが、もちろん味わいや品質に問題はないそうです。お酒に賞味期限があるというのは、あまり知られていないかもしれませんね。いや、全然知りませんでしたというのが本音です。以前にどこかの洋酒会社のwebページで、ウィスキーは開封してからどれくらいで飲みきらなくてはいけないんですかという質問があったと記憶していますが、その時の答えがなるべく早くというなんだか、ありきたりの答えだったと思います。この類のお酒はやはり香りが抜けてしまうからでしょうね。対策としては、これは別のところに書いてあったように思いますけど、小さめの容器に移して密閉して、なるべく空気に触れないようにということだったように思います。我が家にも、かなり古いウィスキーが数本あります。これは全部、未開封のものなので大丈夫だと思いますが、開封してあるものについては早めに飲んだほうが良さそうですね。もちろん、保存は直射日光の当たらない冷暗所ということはもちろんですが。

貰い物のウィスキーなんかも大丈夫かどうか一度点検してみたほうがいいかもしれません。もちろん、ビールもそうですが。発布おけいのお酒は適切な保存が難しいなら、やっぱり早めに消費してしまったほうが、お酒のためかにもよろしいかと。

賞味期限延長

 - 料理ブログ,