~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

饂飩と蕎麦の混じり合い

      2019/10/11

岐阜県高山市では、朝の通勤前にうどんを食べる文化があるというのをネットで見ました。高山はラーメンでも有名な場所で、私も高山ラーメンを食べたことがあるのですが、うどんというのはありません。それもうどんと蕎麦が同じ丼に入っているとか。

ちょっとびっくりしましたが、うどんとそばが半玉ずつ入っているというものらしいです。どうも「まじり」というらしいです。トッピングも色々と選べるらしいので、非常に興味深いのですが、蕎麦アレルギーという悲しい体質なので、これは食べられません。しかし、変わった麺類というのは、ここだけではなくて色んな所にあると思うのです。突拍子もなく変わったトッピングや汁といったものではなく、例えば姫路駅だったと思うんですが、中華麺に普通のうどんのだし汁がかかっているというものもありますね。これは結構有名になって、確かカップ麺にもなったと思います。私も子供の頃にうどん屋さんに行った折、ラーメンを注文したのですが、ラーメンのスープがなくなっていて、一緒に行った父親が中華麺で出汁はうどんのもの、トッピングは天ぷらというオーダーをだして、それを食べたのを覚えています。

中華スープにうどんというのはあまり見たことがありませんけど、昔からある東京ラーメンのような醤油味のスープで、ちょっと太めの、もしくは逆に細めのうどんを入れても美味しいかもしれませんね。そうめんとかも美味しいかもと思ってしまいます。

饂飩と蕎麦の混じり合い

 - 料理ブログ,