~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

イタリア料理の日

      2019/09/18

9月17日は日本イタリア料理協会が制定する「イタリア料理の日」らしいです。イタリア料理というと真っ先に浮かぶのはやっぱりスパゲティでしょうか。小さい頃に食べていたのはやっぱり喫茶店でよく出るような、ナポリタンですね。

ところで、スパゲティナポリタンというのは、ご存じの方も多いと思いますけど日本で考えられた料理です。地名がついているからと言って、そこの街にあるとは限らないのは中国料理の天津飯と同じです。中国の天津に行って天津飯が食べられないのと同じように、ナポリに言ってもスパゲティナポリタンなるものは食べられません。聞いた話では、戦後にスパゲティが入ってきたのだが、料理の方法があまり良くわからずに、料理研究家と呼ばれる方々も結構いい加減な料理方法を行っていたとか。もちろん、現代よく言われているようなアルデンテなどという茹で方は、茹だっていないという認識だったと聞いています。ナポリタンというのは元来、茹でたての麺を使って炒めたりするものではなくて、茹でた麺を油を絡ませて一晩寝かせてから作るものだということも、なにかに書いてあったような気がします。名古屋のあんかけスパゲティも同じような作り方だったような。確証はありませんけど、あんかけスパゲティに使う麺はかなりの太させすので、茹でるのに時間もかかりますから。一晩寝かせたものを炒めて作るというのは、調理時間の短縮化と冷蔵保存の問題もあったからだとも、何かに書いてありました。どうしてこの日がイタリア料理の日なのかを説明していませんでした。webから引用すると「イタリア語で『料理』を意味する『クチーナ(CUCINA)』を917と読む語呂合わせから」だそうです。さしたる理由ではないようですね。

たぶん、調べてはいないんですけど、パスタの日というのは別にあるんでしょうね。スパゲティをパスタというようになったのはいる頃からか?昔はマカロニはマカロニ、スパゲティはスパゲティでしたからね。レトロスタイルなスパゲティが食べたくなりました。

イタリア料理の日

 - 料理ブログ,