~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

屋台

      2019/08/07

夏から秋にかけて、お祭りがあるとつきものは縁日の屋台ですね。最近はいろんな食べ物がありますけど、そうは言ってもなかなか新しい食べ物というのは、少ないんじゃないかと思います。最近多いのはカラアゲですかね…。

まずこういう時の屋台というので真っ先に思い浮かぶのは、粉ものですね。たこ焼きとか、お好み焼きとか。最近はお好み焼きと焼きそばを一緒に扱っているところが多いですね。焼きそばだけっていうところは、あまり見たことがありませんが、焼きそばが名物になっているよなところではあると思います。次はみたらし団子かな?私のイメーする屋台のみたらし団子というのは、焼き目がついていて蜜がついている、そしてきな粉がまぶしてあるというものでしょうか。団子自体は小粒のものですね。この前、祇園祭の時に、夜歩いてみると、なぜか「ベビーカステラ」というピンポン玉くらいの焼き菓子の前に長蛇の列が。最近、どこに言ってもよく並んんでいますけど、お店によって味が違うおで、これも注意しないといけません。最近は少なくなってきていると思うのが、イカ焼きですね。フランクフルトソーセージも一時の勢いはないように思います。じゃがいもを螺旋に切って揚げたものも一時流行っていましたが、フライドポテトのように続いているわけではないようです。アメリカンドックも少数派になったのでしょうか?

これまで一番印象に残っているのは北京の王府井で食べた焼きそばでしょうか。オリンピック前でしたけど、大盛りにされたものが、安かったように思います。逆にイチゴを棒に挿して飴をかけたものが、ものすごく高かったのを覚えています。

屋台

 - 料理ブログ,