~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

コーヒー安値

      2019/07/24

コーヒー豆が安値になっているということです。以前にもコーヒー豆について書いたことがありますが、今は先物取引の市場で最安値になっているというニュースが出ていました。とは言っても、あまり表立ってニュースにはなっていないようですが。

原因はブラジルでの去年のコーヒー豆の豊作だそうで、生産量第2位のベトナムでも豊作だったそうです。コーヒーは豊作の表年と生産量が減る裏年があるそうで、去年はかなり豊作だったようです。もう一つ、ブラジルの通貨事情という要因も重なっているとか。でも、安くなっているから安く飲めるかといえば、そうでもないらしいです。新興国でもコーヒーの需要が高まっているので、結局この状態は続かないということになります。今の日本では考えられませんけど、昔は日本でもコーヒーは贅沢品だったそうで、新興国でも経済の発展をバックにコーヒーの需要が増えていくと考えられているようですよ。今の所コーヒー豆の在庫もあって急には値段が上がることはないでしょうけど、次の表年2020年-2021年の状況によっては値上がりする可能性もありそうで、新たにアフリカとかで生産量を増やしていかないと、この先、在庫が底をつくような状況もあるかもしれませんね。産業が発達していなくて、コーヒーベルトと呼ばれるようなところの国では、チャンスがあるかもしれません。

世界的にコーヒーの需要が逼迫すれば値段が上がることは必至ですけど、日本は先進国の中でも比較的安くコーヒーを飲めるところなんだそうです。1杯100円とか200円でコーヒーが飲める国は少ないということです。いろいろ考えながら飲んでみても良いかも。

コーヒー安値

 - 料理ブログ,