~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

納豆をもっとおいしく健康に 【2019/07/23】

      2019/07/24

◆納豆の栄養素

健康に良いと親しまれる納豆。どのような栄養素が含まれているのでしょうか。納豆の原料、大豆は、豊富なたんぱく質のほか、食物繊維、ミネラル、エネルギー代謝に関わるビタミンB1、B2などを含有。大豆ならではの栄養素として、抗酸化作用がある大豆サポニン、細胞を若く保つ大豆レシチンなどがあります。
また、カルシウムを体内に取り込むために欠かせないビタミンK2や、血液をサラサラにする作用が認められているナットウキナーゼは、納豆菌の働きによって作り出される栄養素。さらに、納豆菌が作るポリアミンというたんぱく質は、アンチエイジングの働きが期待できると注目されています。

◆効果的な食べ方

栄養素を効果的に取り入れるポイントを紹介します。食べるタイミングは夕食がベスト。ビタミンB2がその日に取った脂肪を分解するほか、就寝中に起こりやすい血栓の対策にもなります。
ナットウキナーゼは熱に弱いため、炊き立てのご飯の上にのせたり、加熱調理したりするのは避けた方が良いでしょう。卵やネギ、シソなどと一緒に食べれば、おいしさも栄養価もアップします。

納豆

 - 今日のひとネタ, 活力プラス