~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

遠足

      2019/07/24

先日、小学生のお子さんがいる父兄の方と話をする機会があって、その時遠足の話題になりました。遠足といえば、私達の頃はおやつはいくらまでとか、お弁当に入っている果物、例えばバナナなんかはおやつになるのかという話題が一般的でしたけど。

そういえば、行き先なんですがお菓子工場に行ったことがあります。今もその工場はありますが、もちろん当時とは違ったものを作っているのでしょう。こんなところでお菓子が作られているんだなあと思った記憶がありますが、具体的にどうやってお菓子が作られているのかということは、やはり小学生にはちょっと難しかったのかもしれません。チョコレートや焼き菓子がベルトコンベアーに乗って、次々と流れていって、機械の中で放送されて出てくるということはなんとなく覚えてはいるのですが。この手の工場見学、ちょっと前に「大人の遠足」とか言う名前で流行ったことがありましたっけ?消費者が工場でどのようにして製品が作られているのか、見てみるのも楽しいものですよね。ここ何年かでは浜松の「うなぎパイ」の工場だったり、山梨の製菓会社の工場なんかを見学しました。ウィスキーの醸造所なんかにも行きました。

明太子の工場へ行こうという話もありますが、これまでに一番良かったのは岩手県にある「小岩井牧場」でしょうか。工場とはちょっと違うんですが、やっぱりバターやチーズを作っているところなので、面白かったです。牧歌的?で楽しめました。

遠足

 - 料理ブログ,