~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

駅弁

      2019/07/16

7月16日は「駅弁記念日」ということになっているようです。この日に初めて駅弁が売られたということになっているようですが、どうも諸説あるようです。最も多い説が宇都宮で売られた、おにぎり2個とたくわんを竹の皮で包んだものが最初といわれていますね。

最近も、立売というか、駅のホームで停車する電車にお弁当を売り歩くというスタイルがなくなったという記事を目にしました。車内販売も新幹線などではなくなっているようですね。以前にこだまに乗って、横浜からのんびりと京都まで帰ってくるという旅をしたのですが、当然のごとく?車内販売はありませんでした。おまけに車内にある自動販売機も動いていないという状況で、もしも駅ではないところで真夏に停車してしまった場合、水分不足でたれてしまう人が出るんじゃないかなあと思います。それぞれの駅の停車時間は長いので、その間にプラットフォームになる自動販売機を利用できますが、もちろん時間によっては売店も開いていないので飲み物だけですね。旅情も何もああったもんじゃありませんが、やはり乗る前には多めにでも食べ物を買って乗るべきでした。経験から言うと、駅弁ではないのですが、深夜バスが途中で走れなくなって長時間サービスエリアに停車したという経験があります。こういう場合もなくはないので、予めなにか食べ物を持っている方が良いでしょう。その時はおにぎりを持っていたので、なんとかなりましたが。

海外でも最近は高速鉄道などあるようですが、中国などでは駅弁と呼ばれるものはかなり高価で、なおかつ美味しくないという評判です。日本の駅弁を知っている中国の人には、かなり不評なようですが。海外で列車の旅って、あまり経験は少なくないでしょうか?

駅弁

 - 料理ブログ,