~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

ストローの話

      2019/07/04

最近話題になっているマイクロプラスティック。ペットボトルやプラスティック製の袋などがやり玉に挙がっていますが、ストローもそうなんですね。前に取り上げたこともあるストローの話題ですが、先日地元新聞に「麦わらストロー」の話題が出ていました。

しかし、よく考えてみると「麦わらストロー」は英語に訳すと「straw straw」になってしまいます。前にも書いたことがありますが、子供の頃の記憶にあるstrawはまさに麦わらでした。デパートの大食堂などに行くと、白いプラスティックのストローがでてくるんですけど、神戸のどこかでジュースを注文してもらった時に出てきたのは、まさに麦わらのストローでした。地元新聞に出ていたのはNPO法人が麦の栽培と加工を進めているというお話。どうして麦のストローを作るのか全く解らなかったのですが、育てている麦は大麦、ライ麦、古代小麦の3種類のようです。節と節の間を利用するのだそうで、収穫後に酢水につけて漂白し、熱湯にくぐらせて殺菌消毒して、カットして乾燥するんだそうです。なかなか大変みたいですね。しかし、環境のことを考えるとこれくらいの手間はとも思いますが、ストローを使わなくてもいい場合は使わないようにしてもいいかのかも。紙のストローも店頭に出始めているようですが、かなり高価なようです。「マイストロー」なる持ち歩きようのストローも推奨されていますけど、どうでしょうか…?

困るのは今流行りのタピオカミルクティーですよね。我が家でも冷凍のタピオカがあるので、市販のミルクティーを入れて楽しんだりしていますけど、それ専用のストローではなく、スプーンを添えています。おっちゃん2人、グラスの中のタピオカをスプーンで…。

ストロー

 - 料理ブログ,