~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

あっさりorこってり

      2019/06/18

私が住んでいる京都の料理というのに、みなさんどういった印象を持っておられるでしょうか?やっぱり「あっさり味」というのが一般的な印象ですね。でも、本当にそうなのかはちょっと疑問です。

先日、中国の動向を伝えるwebページを見ていたのですが、その記事は日本に出張に来た中国の人の日本食の印象でした。何回か昼食を日本人とともにしたということでしたが、ご飯と味噌汁、焼き魚、冷奴、生卵などが一緒に出た、いわば和定食のようなものだったようです。中国の人にとってはボリュームが足りなかったようで、日本には細身の人が多いのはこういった理由かとも思ったようです。しかし、別の日には揚げ物など脂っこいものが多く、ちょっと胃にもたれるような感じだったという印象も語られています。そう言われてみると、なかなか、あっさりとこってりの中間というのは難しいですね。ランチに関して言えば、メイン料理が揚げ物の場合はこってりでしょう。焼き魚だとあっさりになるのかな?では、中間はと言われれば…。思いつきませんでした。定食か単品、カレーとかスパゲティとかの選択しか思い浮かびませんでしたね。この中国の情報サイトでは、あっさりとこってりの両極端だと認識しているようです。

さて、京都の話。確かに「おばんざい」とか精進料理とかあっさりをイメージさせていますが、代表的なラーメン屋さんに他からきた人を連れて行くと、どうしてこんなにこってりなのかと驚かれます。京都のラーメンもあっさりしたものだと思われていたようですが。

あっさりこってり

 - 料理ブログ,