~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

そうは言われても…

      2019/06/05

1980年の国民栄養調査に参加し、食べたものの重さをはかりで量って、1日あたりの食事量を調べた全国の30~79歳の男女9115人を、2009年まで追跡調査した結果が出たようです。国が勧める食事量より野菜や果物、魚が少なく、食塩が多いと…。

国の勧める基準みたいなものは「野菜350g、果物200g、魚80g(いずれもこの量以上)、食塩は男性8g未満、女性7g未満」というものらしいです。循環器系の疾患で、この調査のうち1070人が亡くなっているということです。理想はバランスよく食べないとリスクも高くなるとは思いますけど、かといって、毎日野菜を350gも食べられるかといえば、かなり苦しいですね。スーパーやコンビニで売っているカット野菜のキャベツ。1袋200gくらいでしょうか。換算すると、あれを2袋近く食べなけれなばならないんですが、かなり無理がありますね。果物も200gですか。これも同じようなものです。減塩はなんとかできるかもしれませんけど。魚もそうですね。食べられる部分ですよね、これって。経済状況にもよりますね。みんなが豊かな時代だとかなりこういったことを推奨しても、そうしてみようと思う人も多いかもしれませんけど、経済的に豊かでないと、お腹が満たされればいいという方向に行ってしまいます。そうなると穀物なんかの消費が上がってしまうと思いますが。

さて、健康で暮らしたいと思うのならば、いや健康に気をつけて食べ物を食べられ、なおかつ健康な体を維持できるのはある程度のセレブの方々だけじゃないかなと、そんなふうに思ってしまうのは私だけでしょうか?まあ、果物くらい食べましょうか。

そうは言われても…

 - 料理ブログ,