~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

トースター

      2019/05/30

我が家のトースターは結構奥行きもあって、大きめの冷蔵ピザなんかも焼けるようになっています。上下で1200Wというまあまあのパワーですが、そろそろ寿命かなと。上のヒーターの片側が発熱しなくなっているので、換え時なのかなと思っています。

大型電気店やホームセンターなんかでいろいろと見て回ったのですが、どれにするか悩んでいるとき、webの記事に3万円のトースターの記事が出ていました。すごいなあと思いますけど。どうもそのトースターはパンに水分を与えて蒸し焼きみたいにするとか。確かにこれって、一理あるような気がします。かなり前ですけど、フランスではいつも焼きたてのようなパンが提供されるのはどうしてかなというお話がありまして。答えは霧吹きで水分を与えてから焼くというものでした。バゲットみたいパンで、乾燥してしまったものでもそうして出せば、焼きたての柔らかいパンになるのかと思いました。ただ、カリッと焼いたトーストが好きなのか、そういう柔らかなパンが好きかという好みに分かれるところもありますね。ある程度水分を飛ばして、カリッと焼くパンが良いという場合はオーブンで焼くのが美味しいと聞いたこともあります。どうなんでしょうかね?時間がないときには、ガスの魚グリルで焼いてしまうという、荒っぽいのか時短なのか、そういうご意見の方もあるようです。

と、そんなわけで、とりあえずトースト専用に100円ショップで、なるべく細かな霧が出るような霧吹きを買ってきました。これでちょっと硬くなったパンで大丈夫かなと思いましたが、そんなに硬くなるまでパンを置いておくことはないなと、後で思いましたが…。

トースター

 - 料理ブログ,