~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

毎日の献立

      2019/05/22

皆さん、毎日の献立をどのようにして考えておられますか?主なところは夕食の献立だと思うのですが、朝食にも多少変化を加えたいところですし、お子様のいらっしゃるところでは長期休みの間は昼食が必要ですよね。

webの記事によるとある会社では「人工知能(AI)による画像認識の技術を生かし、料理の作り方(レシピ)を自動で提案する「食材画像判定・食生活サポートサービス」を開発する。食材をスマートフォンなどのカメラで撮影すると、その食材を使ったレシピを即座に画面上に表示する」ということを考えているようです。食品はラップフィルムがかかっていても、冷凍でも大丈夫らしいです。記事の写真を見ると、コンビニのコピー機みたいなものに食材を置くと、それで食品を判断してレシピを考えてくれるらしいです。あとは勝手に作れということでしょうね。で、これって調味料なんかはどうなんでしょうか?例えばクリームシチューなんかだと、具材はあってもミルクだとかクリームだとか、スープの素とか、どうして判断するんでしょうかねえ?それも読み取らせる?そこまであれば誰でも献立を考えられるんじゃないかと。これで材料を機械の中に入れれば、勝手に作ってくれるならAIさまさまですけど、最終的には人間サマが調理しなければならないのなら、無駄なような気がします。何も考えないでいいというのは、だんだん人間の能力を退化させてしまうと思うんですけど、せめて家族に出す料理くらいは自分で考えないといけないような気もしますし、子供や外で働いている人が昼に何を食べたかなんて、そういったデータもない日更新しないといけないですよね。

最近はなんでもAIにやらせてしまうという風潮があるようですが、これも考えものです。最終的には人間の経験を知恵による判断が必要なんだと思いますけど違うんでしょうか?注文したら即座に食べたいものが出てくるのは、銀河鉄道999の列車くらいですよ。

毎日の献立

 - 料理ブログ,