~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

世界計量記念日

      2019/05/20

今日、5月20日は表題のように「世界計量記念日」ということらしいですね。1875年に「メートル条約」というのが締結されて、条約締結125周年を記念して2000年からこういった記念日ができたのだそうですが、どうして125周年なのか、いささか疑問ですけど。

まあ、、いろいろあって125周年という事になったのでしょうが、本当にちゃんとみんなメートル法を使っているのかといえば?ということになりますね。実はアメリカではメートル法は使っていません。ポンド・ヤードですよね。イギリスでは対外的にはメートル法ですが、国内向けにはポンド・ヤードで、おまけにアメリカのものとは一致していないというややこしい感じです。なぜ、この話題を取り上げたかというと、当たり前ですが料理には「秤」というものが欠かせません。味見しながら作れるものはそれでもなんとかできるかもしれませんけど、そうでないものはやはり測らなければなりませんよね。例えば、日本人の主食であると言っても良いようなコメですが、炊飯するにはやはり水加減を測らなければなりません。製菓や製パンの世界でも、やはり計量を疎かしてしまうとちゃんとしたものができにくくなります。そういった事があるので、海外のレシピを作るときは、同じ単位である方が良いのではないかと思うのですが、なかなか簡単には行きません。日本語に翻訳されているものでも、ポンドやパイントなんていう単位が出てきますから、これを再度メートル法の単位に「翻訳」しなければいけませんから。面倒なことこの上ないです。ちなみにリベリア、ミャンマー、アメリカ合衆国がメートルを使っていない国です。

そういえば、何年か前から、多分家にまだテレビがあった頃ですから、地デジ前でしょうか。ゴルフの中継放送でそれまで「残りXXヤード」とか言っていたのが、表示もメートルになっていましたが、日本でもまだイギリスと同じように国内では尺貫法を使いますね。

dav

dav

 - 料理ブログ,