~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

サンドイッチ

      2019/04/26

サンドイッチは賭け事が好きなサンドイッチ伯爵が、プレイをしながらでも食べられる食事を作れということで生まれたと、子供の頃に聞いたことがあります。webでちょっと調べたところによると、どうも違うようですが、賭け事が絡んでいることは確かなようです。

先日、黒毛和牛の銘柄牛のローストビーフを挟んだサンドイッチが売り出されているという記事を見ましたが、1人前2500円だそうです。1日10食限定なんだそうで、まあ、美味しいローストビーフを少しだけ食べたいと思う人にとっては、そんなに高いものではないかもしれませんね。とはいえ、コンビニで300円までのサンドイッチを昼ご飯にしている者にとっては贅沢な食べ物です。まあ、どんな食べ物でもピンきりというものがあるんでしょうが、サンドイッチはそういったものを作りやすいマテリアルの1つだとは思います。先の2500円のローストビーフサンドも、中身だけではなく、パンもかなり良いものを使っているようです。もう無いお店なんですが、たまごサンドが有名で評判も良かったのですが、あまり美味しく感じなかったのは、やはり好き嫌いがあるからでしょうか?たまごサンドが嫌いではないんですけど。私が美味しいと思ったのは、イスタンブールで売られているサバのサンドイッチですね。焼いたサバが挟んであって、もちろんイスタンブールで食べたわけではないんですけど、北陸自動車道のあるサービスエリアで同じような?モノが売られています。気に入ったので、食パンを使って家で再現してみました。そうそう、サンドイッチでいつも思い出すのはスヌーピーかなと。このコミックの子どもたちはよくピーナツサンドを食べています。ピーナツバターを塗ったものですが、後々になって、あれは甘いものではなくて、アメリカには砂糖の入っていないものがあるというのを知りました。

最近は簡単にゆで卵をマヨネーズで和えたものと、薄切りのハムだけを入れたサンドイッチを昼ご飯のお弁当にすることがあります。まあ、それだけではちょっと物足りないので、パンにクリームチーズを塗ったりしています。朝、時間がないときにはこれに限ります。

サンドイッチ

 - 料理ブログ,