~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

疲れ目はその日の内にケア 【2019/04/22】

   

◆オフィスでは目の体操を

疲れ目が蓄積されて目だけでなく全身に症状が表れる「眼精疲労」に進行すると、自分でケアをすることが難しくなります。眼精疲労にならないために、目の疲れはその日のうちにリセットすることが大切です。
オフィスでパソコンの作業を続ける際は、1時間に1回ほど休憩してセルフケアを取り入れましょう。3メートル以上遠くと30センチくらい近くのところを交互に10秒ずつ見ると、こわばった毛様体筋のストレッチになります。さらに、頭は動かさずに眼球を上下、左右に動かしたり、円を描くようにゆっくりと回したりする体操で、眼筋をほぐしましょう。

◆リラックスできるアイケア

次に、自宅でできるアイケアを紹介します。目の疲労回復のためには、温めて血流を促進させるのがおすすめ。やけどしない程度に冷ました蒸しタオルをまぶたの上に数分のせましょう。
音楽やアロマでリラックスして副交感神経の働きを高めるのも、疲れ目改善に有効です。また、目の周りの血流が低下すると皮膚が乾燥するため、アイクリームでまぶたの保湿をすることで疲労改善の効果が期待できます。気持ち良いと感じるケアを取り入れて、目をいたわりましょう。

疲れ目

 - 今日のひとネタ, 活力プラス