~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

マグネシウムの役割 【2019/04/01】

      2019/04/01

◆不足すると生活習慣病のリスク

健康維持に不可欠な必須ミネラルの中で、カルシウムはさまざまな働きをつかさどることが知られています。しかし、カルシウムに次いで多く取る必要のあるミネラル・マグネシウムについては、重要性があまり知られていませんでした。
マグネシウムは神経の興奮を抑える、エネルギーを作るのを助ける、血圧を調整するといった役割を担い、不足すると骨粗しょう症や心疾患、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まるおそれが指摘されています。

◆現代人は不足気味

厚労省によると、現在の日本人はマグネシウムの摂取量が不足気味。加えて、カルシウムの過剰摂取がマグネシウムの吸収を阻害するほか、ストレスによって尿へのマグネシウムの排出が増加するので注意が必要です。
マグネシウムを多く含む食品は、精製されていない穀類、アーモンドを始めとする種実類、魚介類、野菜類、豆類など。通常の食品からは取り過ぎの心配はありませんが、サプリメントなどで取り過ぎると胃痛などが起こるおそれがあるので、適切な利用を心がけましょう。また、「カルシウム2に対してマグネシウム1」の比率で摂取することが理想的だとされています。

サプリメント

 - 今日のひとネタ, 活力プラス