~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

認知力の無駄遣い?

      2019/03/27

webをみていたら「毎日同じ食事にすることには「認知力の無駄遣い」を減らしてクリエイティビティを高める力があるかも」というのに出くわしました。なんでもAppleの亡くなったスティーブ・ジョブズ氏に関係しているような…。

「ジョブズ氏が余計なことに悩まされないようにと、毎日同じ服装で仕事をしていたことはよく知られていますが、服装だけでなく毎日の食事を同じメニューにすることにも意味があるかもしれない」ということがこのお話のベーシックなところです。まあ、毎日似たような服を着るというのは服を選ばなくてもいいという、考え方によっては無駄がないのかもしれません。フィクションの世界の中でも「古畑任三郎」さんが刑事に復帰する時に、服を誂えに行って、例のあの服「同じものを5着」とか言ってましたので、そういうのはアリかなと。しかし食べ物はどうでしょう?面倒?面倒と言うことなら、私が昔から好きな俳優で、エッセイシストの故・殿山泰司氏の昼食などはいろいろと選ぶのは面倒なので、弁当に限るとか言っておられたように思います。まあ、毎日同じ弁当なんてあまり考えられませんから、それなりに幕の内弁当みたいなものでおバリエーションはあるのでしょう。しかし、このお話、どうも働く男性が思いつきそうな考え方ですね。毎日の献立を考えたり、こんな料理を食べさせたいなあと考えている、そういう立場の人からすると、ちょっと「それはどうなんだい!」と思いますけど。

詳しい内容はまだ読みきれてないんですけど、自分の食べるものくらいいろいろと迷ってもいいのではないかと思います。それまで無駄と言ってしまうのはどうかと思いますけど。あまりにも生きていく意思を無視しているようにしか思えませんが、どうでしょう?

認知力の無駄遣い?

 - 料理ブログ,