~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

遺伝子組換えとゲノム編集

      2019/03/26

む、難しいです。全くよくわかりません。が、この2つ、遺伝子組み換えは今までの遺伝子に何かを組み込むっていう、いわば足し算するのが遺伝子組換えで、もともとある遺伝子を切ったりつないだりするのが、ゲノム操作?これであってるのかなあ。

ゲノム編集した農水産物は安全検査をしないで流通させるというような話が、新聞に出ていました。これもちょっと怖いような気がしますけど、どうなのでしょう?ゲノム編集は良いことばかり書いてあるんでうが本当なのかどうなのか?ゲノム編集というのは、遺伝子をいじって農水産作物を作るとうことには変わりはないのですが、要する遺伝子を組み込んではいけないということでいいのかどうか?もう一つ、遺伝子を切ったりつないだりするのがいゲノム編集と考えて良いんでしょうか?遺伝子を付け加えると全く違うものが生まれて、遺伝子を付け加えるとまずいものが…。新たに遺伝子を加えるものに関しては今までと同じように安全性の審査が行われるということです。何かあってから、あたふた動くということなら、初めからゲノム編集の個体を、審査してから市場に出るようにしてほしいものです。それが安心を広げるというものなんじゃありませんか?なりふり構わず法律を導入して、もしものことがあったら長期の裁判になったり、国庫から賠償金が出ていくのはちょっと困ります。

体型の大きな魚が捕れたり、大玉のトマトが取れたりりするんでしょうけど、問題はないんでしょうか?それは確かに効率が良かったり、いろいろと都合の良いこともあるかもしれませんけど、食べ物ですからまずは安全性だと思いますがいかがでしょう?

遺伝子組換えとゲノム編集

 - 料理ブログ,