~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

パスタは太りにくい? 【2019/03/18】

      2019/03/18

◆食物繊維豊富な低GI食品

糖質制限が流行する中、「パスタを食べると太る」と思っている人が多いようです。しかし、実際は食べても太りにくいどころか、健康効果が期待できることが明らかになっています。
パスタは血糖値の上昇を緩やかにする「低GI食品」。脂肪を作るインスリンの分泌が抑えられ、太りにくいのです。低GI食品は空腹を満たす効果も高く、食べ過ぎを抑えられるという指摘も。さらに、パスタは腸内環境を改善する不溶性食物繊維と、余分なコレステロールを排出する水溶性食物繊維の両方を豊富に含み、動脈硬化や糖尿病の予防にも役立つといわれています。

◆ソースの選び方のポイント

パスタの健康効果をアップさせる食べ方を紹介します。かみ応えのあるショートパスタや太めのロングパスタを選び、アルデンテにゆでることで、早食いを防ぎ、少量でも満腹に。また、ソースはオリーブオイルベースやトマト系がおすすめ。
オイルは糖質の消化吸収を遅らせ、トマトは中性脂肪値を下げる働きのある物質を含みます。具には低脂肪のたんぱく質源であるシーフードや、低カロリーなキノコ、野菜を使ったものが良いでしょう。

パスタ

 - 今日のひとネタ, 活力プラス