~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

3.11

      2019/03/11

あれから8年の歳月が流れました。2011年の3月11日、地震が起きた午後は家にいました。ニュースのライブ映像も見え地ましたが、津波が押し寄せる様子は全く自然の凄まじさを、なんと言っていいかわかりませんが、胸を打ちました。

8年たった今でも思い出すのですが、何をすることもできませんでした。仙台には友人や知り合いも多くいますので、心配でした。懇意にしている友人夫妻は幸いにも仙台市の中心部に住んでいたので、電気などのライフラインは意外と早く復旧したようですが、それでもあの時のことを思い出すと今でも「恐怖する」と聞きました。その何年か前に仙台に行ったとき、丁度あるところでお酒を飲んでいたのですが地震があって、みんなでびっくりしたことがありましたが、あれどころではないと思います。ほんとに何もできませんでしたが、またいつ地震があるかわからないので少しだけ食料を送ったことを覚えています。届くまでかなり時間がかかったと思いますが。阪神淡路の震災の経験からお皿にラップを巻いて食事をするようにとアドバイスしましたが、それくらいですね。あれ以来、更に非常用の食料の備蓄には気をつけています。どこで聞いたか忘れましたが、甘いものも備蓄しておくと良いそうです。甘いものを食べると落ち着くという話を聞いたことがあります。我が家では果物の缶詰、茹で小豆の缶詰なども備蓄しています。

東北に行った際に見た石巻の洋式帆船「サン・ファン・バウティスタ」を復元展示している所。津波でひどい被害を受けていました。これは私にはショックでしたが、なんとか修復されています。できればまた行ってみたいものだと思っていますが。

3.11

 - 料理ブログ,