~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

バームクーヘンの日

      2019/03/04

今日はバームクーヘンの日だそうです。カール・ユーハイムという方が、日本で初めてバームクーヘンの製造販売をしたことに由来して、この日がバームクーヘンの人なっているようです。2010年に制定されて、まだ10年も立っていませんが。

カール・ヨーゼフ・ヴィルヘルム・ユーハイムというのが、バームクーヘンを作った人のお名前です。ドイツ人です。ドイツで生まれて、お父さんと一緒にその時はドイツの租借地となっていた中国の青島に住んでいたようです。その後、第一次世界大戦が始まって、そこで日本軍の捕虜となって日本に来ることになったようです。名前からわかるように、有名菓子店を作った方でもありますし、そこでバームクーヘンやマロングラッセを売っていたとwebでは紹介されています。まあ、詳しいことはwebで調べてもらうとして、バームクーヘンは子供の頃から好きなお菓子の一つでしたね。とはいえ、今のようにスーパーに行けばすぐに手に入るようなものでもなかったような気がします。名前もよく知られていて、美味しものではありますけど、ホットケーキのように家庭でできるものではなくて、洋菓子屋さんまで行かなければなりませんから。それもそういった焼き菓子を作っているところでなければてにはいりませんよね。一般的なケーキ屋さんでは手に入らないわけです。どうも、こういう話をしていると、やたらにバームクーヘンが食べたくなります。それも小さな袋に入ったものではなくて、ちゃんとした大きなやつですね。

第一次大戦の時に青島にたドイツ人の捕虜の方々が日本に持ち込んで、そこから日本に普及したものの中で、後年まで残っているのは、ベートーベンの第9交響曲とバームクーヘンだけなんじゃないでしょうか?他にもなにかありますかね?

バームクーヘンの日

 - 料理ブログ,