~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

古本屋さん

      2019/02/20

ものを書くことを仕事にしているので、紙のメディアというのはやっぱり大切ですし、壊したくはないんですが、学生時代からの習慣でついつい古本屋さんに入っていまします。チェーン化されていないところにも行きますが、安い本を求めてチェーン店に行くことも。

去年の年末から、何回か続けて比較的近くにあるチェーンの古本屋さんに行っています。1階にはゲームやCDの類を売っていて、2階が紙媒体の売り場です。コミックなんかも多くおいているんですけど、安い特売のコーナーについつい足が。ここしばらくで買ったのが、さくらももこさんのエッセイ3冊。まあまあきれいでした。電子レンジで作る簡単な弁当のおかずの本。これはそれなりかな。アニメ「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の原作本。これは少年文庫なんで、新書版の大きさ。同じシリーズ物になっている「ソース」と「ハーブ」のレシピ本。これは薄いけどハードカバーで、セットで売ってるよなもの。ジブリのギターで弾く曲集、ジャズボーカルアルバムというスタンダードな曲の楽譜集。音楽関連のものを除いて1冊80円というお値段で、さらに20%引きという美味しい買い物でした。こういうところには、多分推測するに結婚祝いにもらった使いそうにもないセットの料理本とかが多いようです。10冊セットになっていても800円ですし、まあレパートリーを増やすのには適しているのかも。料理もできない新婚の女性ならまだしも、ある程度手慣れてきている方なら、復習とアレンジに最適ですね。おまけに使っていそうもない本も多いので、きれいです。

パンと和菓子の本、2冊も買いましたけど。これは家に帰ってゆっくり見ると「ハズレ」だったかなと。まあ料理の本自体が、それなりに結構なお値段ですので、右から左に抜けているTV番組でなにかしようとするよりも、たまにはこういうのもいいと思います。

古本屋さん

 - 料理ブログ,