~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

ぽかぽか「鍋」の落とし穴? 【2019/02/19】

      2019/02/19

◆食べた量を確認しよう

鍋は、野菜をたっぷり取れてヘルシーというイメージがありますが、食べ方によっては太りやすくなるおそれがあります。
一つの鍋に複数人分の食材が入っているため、どの程度食べたのかが把握しにくくなります。取り分ける際に量をしっかり確認するなど、食べ過ぎないよう工夫しましょう。

◆「シメ」にご用心!

鍋の種類や具の選び方でもカロリーや糖質が変わります。甘い割り下と脂がのった牛肉を使うすき焼きは特に太りやすい鍋といえます。水炊きや寄せ鍋といった、シンプルな味付けのものがおすすめです。具材には野菜、キノコ類のほか、豆腐や魚などを使ってカロリーダウン。肉は、豚のもも肉やロース肉、皮を取り除いた鶏肉など、脂質の少ないものを選ぶと良いでしょう。
「シメ」にも注意が必要。ヘルシーな鍋を選んでも、肉から出た脂質を含むスープをすべてご飯や麺と一緒に食べれば台無しです。シメはゆっくりよくかんで食べ、少なめにするよう意識してください。特に夜遅い時間は食べたものが脂肪に変わりやすいので、自宅で楽しむなら、シメは翌朝に残しておくのも良い方法です。

鍋料理

 - 今日のひとネタ, 活力プラス