~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

「狭小賃貸」の暮らし~価値観に変化~ 【2019/02/14】

      2019/02/14

都心を中心に、6畳以下の狭小賃貸住宅が人気です。これまでは「下宿」の延長のようなイメージがありましたが、最近は家賃が安いだけでなく、築年数が浅く「風呂トイレ別」などの設備が整った物件が増えているとか。
わずか3畳ほどの広さでも、「必要なものだけあればいい」という価値観の人にマッチしているようです。家は体を休める場所と割り切り、狭い部屋で暮らしながら趣味や夢にお金をかけることで、心豊かに暮らせるのかもしれません。

狭小賃貸住宅

 - S-Life, 今日のひとネタ