~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

チームスポーツで長生き? 【2019/02/04】

      2019/02/04

◆ランニングより寿命が延びる

デンマークのある研究で、テニスなどのラケットを使うスポーツやチームスポーツを頻繁に行っている人は、体を動かさない人よりも寿命が長いだけでなく、ランニングや水泳、サイクリングといった主に一人で行う運動をしている人よりも長生きするという結果が出ました。
調査結果では、サイクリングをする人は運動をしない人と比べて寿命が平均3.7年長く、ランニングでも3.2年長生き。それをはるかにしのいだのがテニスで、運動しない人よりも9.7年も寿命が長かったそうです。バドミントンは6.2年、サッカーは約5年でした。

◆仲間に属している幸福感

研究者らは、ラケットを使用するスポーツやチームスポーツで仲間に属しているという幸福感や精神的な安定感を感じることが長生きに寄与した可能性があると考察しています。
また、テニスやバドミントンは全力の運動と少しの休憩を繰り返す「高強度インターバルトレーニング」の要素があるので、心肺機能や持久力が高まり、健康長寿につながったという見方もあります。これから運動を始めようと考えている人は、ヒントにしてみてください。

テニス

 - 今日のひとネタ, 活力プラス