~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

      2019/01/28

どうも最近、お酒にまつわる話が多いようです。飲酒運転は自動車だけかと思ったら、飛行機や船でも飲酒運転というか、お酒を飲んで危害を操作するということが多くあるようです。飛行機なんかは怖いですね。事故があればほとんど死にますから。

ところで来年からビールのブランド別の出荷量というのが公表されないようになるらしいです。どうも業界の足並みが揃わないとかどうとか。大手だけでは吸収しきれないものがあるんでしょうね。沖縄のオリオンビールなんかもどこかに、吸収されてしまうようですが。どうもOEMというのでしょうか、相手先のブランドで作るビールの量をどうするかというようなことがネックになっているようですが。他にも地ビールとかそういったクラフトビール関係もどうするか、考えなければならないんでしょうけど。まあ、最近の若い人たちの酒離れも進んでいるということで、かなり生産量も落ちているんでしょうね。そうは言っても、ウィスキーなどはハイボール人気で一部の銘柄が原酒不足で販売停止に追い込まれて言えうということもありますし。飲みすぎなければ問題は慰安でしょうけど、ちょっと話は戻りますが、旅客機のキャビンアテンドさんが乗務中にお酒を飲むというのはどういうものでしょうか?パイロットは乗務時間の12時間前は飲酒しないとか決められているようですが。まあ、どなたにしても人の命を預かる業務、職務につく方はお酒を飲んではいけないと思いますが。乗務中に飲酒など、こういった方は解雇してもおかしくないと思います。

お酒が好き過ぎる?ような方は、人の命を預かる仕事には就かないこと、就かせないこと。これは重要ですね。とは言え、ちょっと郊外に行くと居酒屋さんに駐車場があるということも珍しくなく、そこに警察が検問しているということはめったになくて…。

酒

 - 料理ブログ,