~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

平成の野菜三冠王

      2019/01/22

「平成最後の…」という見出しが多い昨今ですけど。たしかに今年度いっぱいで平成は終わってしまうんですが、どなたかが新聞で言っておられましたが、元号は人が作るものであって時間は流れ続けるということです。今更元号がどうこう言うことに抵抗はあります。

とはいえ、話題作りとしての元号というか、一つの時代のことについて書かれたあ新聞やwebの記事は多いですね。企業なんかもうまくそれに乗ろうとしているのがミエミエなんですが。とは言っても一つ面白いものがありました。表題に書いた「平成の野菜三冠王」です。ある種苗会社がアンケートをしたらしいのですが、そこで平成時代に「はやった野菜」、「代表する野菜」、「定着した野菜」という3つのカテゴリーでトップになったのがパクチーだったそうです。このアンケートで総合2位になったのはアボカド、3位はフルーツトマトだったそうです。新しい元号で流行るのはどうもスプラウトらしいです。個人的にはパクチーは苦手なので、とても平成を代表する野菜とは思いませんけど、時代の後期にはかなり流行りましたからね。やはりタイとかベトナムの料理店が多くなってきて、そこで出されるようになったからとは思いますけど。スプラウトなんかより、もっとエスニックな野菜がもてはやされるのではないかと思います。ベトナムあたりからもかなり労働力として、こちらに来られる方が多くなると思いますので。前に話題にしたかもしれませんけど、日本の会社がベトナムだけで売っているインスタントラーメンがこちらでも売られるようになるということもあったりするので、もっとベトナム料理なんかもポピュラーになってくるのかと。

まあ、どう転んでもパクチーは食べられそうにありません。高層の類は結構、好き嫌いがあると思いますので、食べられない人もいるのでは?とは言え、我が家のキッチンにも粉末のパクチー、つまりコリアンダーの小瓶はちゃんと調味料の中に鎮座していますけど。

平成の野菜三冠王

 - 料理ブログ,