~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

震災

      2019/01/19

今から24年前、1995年1月17日 5時46分52秒に阪神淡路地方で大きな地震がありました。阪神淡路大震災といわれる兵庫県南部地震です。揺れました。私の住んでいる京都でも揺れました。京都の観測点では震度5だったそうです。その瞬間、実は起きていたんですよ。

悪い天気ではなかったと思いますが、そろそろ外で鳥が囀っていてもいいような時間でしたが、全く声がしませんでした。突然揺れました。どれくらい揺れたのかはもう記憶にありませんが、無造作に積んであった大量のビデオテープの一部が滑り落ちました、幸いそれ以上の被害はありませんでしたが、すぐにテレビのスイッチを入れました。NHKはまだ放送時間前でっしたが、すぐに放送が始まりました。アナウンサーは飛び起きてスタジオに入ったのか、テレビに映る体裁をなしていなかったような。しばらくすると、高速道路が倒れているという情報。前の週に神戸に行くのにそこを走っています。ようやく映像が映し出されて、道路は横倒しに。7日後に友人知人と共に、その横を通って救援物資を持って被災地へ。あまり被害のない家と完全に崩れている家。家の構造によるものだけではないことは見ればわかりますし、これは地面の構造によるものだなあと思いました。ともかくすごかったです。私だけが携帯電話を持っていましたが、それも全く通じない有様で、朝早くでて、すっかり日が落ちてから戻ってきました。こういった現場をテレビではなく実際に見て、その場の空気を吸ってみるのとみないのでは、防災に対する認識が全く違うと思います。あれ以降、食料のストックなどを真剣に考えるようになりました。東北の震災もありましたが、大都市での直下型の地震はまた違うんだなあと思います。

たぶん、もうすぐ南海トラフなどの地震も来ると思いますけど、まず安全な場所に逃げることと、ある程度の防災用品は供えておくべきかと思います。最近は物を持たないライフスタイルが流行りのようですが、それは間違っていると思うのは震災経験者だけかと。

震災

 - 料理ブログ,