~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

明太子の日

      2019/01/10

今日は福岡のある食品会社が1949年に明太子の販売を開始した日を記念して制定した「明太子の日」ということらしいです。調べてみると明太子は元々タラコのことを言ったらしいのですが、今では一般的に明太子といえば辛子明太子と指すようになりましたね。

他にも、今日は「さんま寿司の日」ということにもなっているらしいです。これはwebで調べてみると「三重県熊野市のさんま寿司保存会が2004年に制定。熊野市の産田神社でこの日に行われる例祭の後の直会で、熊野灘沿岸の郷土食『さんま寿司』の原形とされる寿司が出されることから」ということ。食べたことありますけど、美味しいと思います。背の青い魚の押し寿司なので、鯖寿司とか大阪で言うところの「ばってら」みたいなものでしょうか。軽く塩漬けとかにしたサンマを型に入れて作ると書いてありましたが、巻きすで巻くものが多いような気がします。最近の流行りなのか、表面をバーナーで炙ったものもありますが、ご飯と一緒に漬けた「なれずし」のようなものもあるとか。これは見たことありませんけど、好き嫌いが分かれるでしょうね。

さて明太子のこと。子供の頃に食べた鱈子は祖父がよくやっていたスタイルで、日本酒を少し掛けてから、中身を出すという方法。これだとお酒の香りで生臭い匂いも取れて、なかなか美味しい一品になります。子供にはちょっとキツイかもしれませんけど美味です。

明太子

 - 料理ブログ,