~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

あなたの「冷え」はどのタイプ? 【2018/12/17】

      2018/12/17

◆「末端」「下半身」が冷える

「冷え」の理由や原因はさまざま。自分のタイプを知って、対処法を考えることが大切です。「手足が冷たい」「立ちくらみがする」「体温は36.5℃前後ある」という人は、冷えの中でも軽度の末端冷えタイプ。湯船につかったり、温かい食事を取ったり、冷やさない習慣を心がけてください。
「ほてりを感じる」「上半身に比べ下半身が細い」「顔や背中から汗が出ることがある」といった場合は、筋肉不足が原因で下半身が冷えている状態なので、体を動かす習慣を付けましょう。

◆要注意の「内臓冷え」

「下腹部を直に触れると冷たい」「冷たい飲み物を好む」「下痢や便秘を繰り返す」という状態なら、内臓に血液が十分に届かず、機能が低下しているおそれがあります。食生活を見直したり、腹筋を鍛えたりして対策を取りましょう。
「通年、寒さを感じる」「いつも体がだるい」「貧血、または低血圧」などに当てはまる人は、手足も内臓も冷えた最も深刻なタイプです。いつも腹巻きをする、体を温める食材を取るなど、生活全般を見直して、蓄積した冷えを改善してください。

冷え性

 - 今日のひとネタ, 活力プラス