~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

いちごのこと

      2018/12/12

今年は冬が来るのが遅いようですが、今更のように桜が咲いたとか季節外れの話題もチラホラ耳に入ってきます。実際にそういった事を目にしなければ、ああそうなんですかとも言えるのですが、何故か我が家でも季節外れ?の芝桜の開花があったりするもんで…。

ところで、ある紙面の記事を見たのですが、クリスマスケーキといえばイチゴですよね。イチゴって春の果物ではなかったでしょうか?露地物はそうですよね。最近は冬場のイチゴの出荷が多くなってきて、イチゴの季節感が変わってきているようです。確かに出荷する側でいえば、冬のイチゴのほうが儲かるようで。そうなってくると、春に作るよりも冬に作って出荷する方に傾向てきますよね。でも、よく考えると冬に春の作物を育てようとすると、ハウス栽培になってしまうわけですし、育てるにはそれなりのエネルギーも必要なわけです。これって、あまり省エネルギーとは言えないと思うんですけど、あまり農業とかの場合は省エネしましょうという話は聞かないように思うのですが。まあ、そういう話はあるんでしょうけど、一般消費者にまでは届いていないように思います。もしかしたら、こういったところでも再生可能エネルギーを使っているのかもしれませんけど。

私は冬場に出回っているケーキに使うよなイチゴって、あまり美味しいとは思えないんですが。どちらかというと春に出回るイチゴのほうが甘くて美味しいと思っています。果実がちょっと小ぶりなモノの方が甘くて美味しいと、頭の中にインプットされています。

いちごのこと

 - 料理ブログ,