~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

日本食品標準成分表

      2018/11/26

日本食品標準成分表ってご存知ですか?いろいろと食品の成分なんかを検査して、一覧にして発表しているものです。以前は書籍になったものもあったのですが、もちろん今もあると思いますけど最近はネットでも調べることができます。

ネットで見ると、これが細かいんですよね、文字が。PDFファイルで提供されているので、私などはパソコンの画面で見るときは170%位大きくしないと見えないです。100gで熱量はいくらだとか、どんな成分がどれくらい入っているとか、廃棄量は何%だとかなかなか興味深いものがあります。例えば「桜餅」ですが、ご存知のように関東風と関西風がありますよね。もちろんこれも両方載っています。廃棄量は2%というようになっていましたが、これはもしかすると巻かれている桜の葉っぱのことでしょうか?そこまでは書いてなかったような気もするのですが。この成分表は5年毎に改定されるということなんですが、先日webの新聞記事で「ずんだもち」が載ることになったらしいです。地方特有の食品が掲載されるのは珍しいらしいのです。もちろん「ずんだもち」はご存知ですよね?枝豆をすりつぶして餡にして、餅に絡めた仙台名物の食べ物です。特産品が成分表に載れば、栄養士産たちが献立作りに活かしやすいということです。同じく宮城県特産の「ちじみゆきな」も成分分析が終わっていて、追加されるということです。「いぶりがっこ」や「ふなずし」も成分を分析中で次の版には載せる予定なんだとか。

ところで、この日本食品標準成分表というのはどこで作っているかご存知ですか?全然知らなくて経済産業省かなと思っていたら、文部科学省の政策課資料室というところが作っているようです。いかにも経産省の分野かなと思うんですが。

ずんだもち

 - 料理ブログ,