~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

南部鉄器

      2018/11/21

岩手県の一品として有名なものといえば、南部鉄器です。鋳物でできている鉄瓶とか有名ですよね。最近はあまり見なくなってしまったようですが、先日webの新聞記事でずいぶん派手というか、おしゃれというか、意外なものを発見してしまいました。

鉄瓶です。形がなんとあのアニメの「機動戦士ガンダム」に出てくる「ザク」なんですね。まあ、ガンダムじゃなくて、劇中ではガンダムにあっさり殺られてしまう量産型のザクですが、見事に南部鉄器で作られた鉄瓶になっています。2万数千円という結構なお値段ですが、これはちょっと欲しくなってしまいました。いかにもという形をしているのですが、元々は「シャア専用ザク」にしたかったらしいのですが、尖った部品があったりして火傷する可能性のあるということなので、量産型のザクになったようです。ホームページを見ると、量産されていました、当たり前ですが。南部鉄器は一時、売れなくなってしまったようですが、前に何かで見たことがあるんですが、フランスだったかでちょっと流行って、そこから色付きの製品を出したことによって、盛り返したとか。職人さんたちは元々南部鉄器は黒という頑なな考えだったようですが、形はそのままでも色がつくことによって、イメージも変わってきたようです。黄色とか、金色とかもあったように思います。国内ではあまり売ってはいないようですが。金色なんかは豊臣秀吉が好みそうな感じですね。まあ、そういう事があったからではないでしょうけど、このザクの鉄瓶もなかなかシュールにできています。似たようなキャラクターならガンダム以外でもできそうな気はしますが。

カラーの鉄瓶って、ヨーロッパでは何に使うのかというと、もちろんお茶ですね。紅茶とか入れてたように思います。ある程度厚みもあるので、冷めにくいようにも思えますし、屋外のカフェテリアでも使われていたみたいでした。ザク鉄瓶、欲しいですねえ…。

南部鉄器

 - 料理ブログ,