~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

すごい! 「だし」の健康効果 【2018/11/05】

      2018/11/05

◆おいしい減塩料理を実現

日本が世界に誇る和食の根幹を支える「だし」。溶け出したうま味成分には、さまざまな健康効果があることがわかってきています。代表的なうま味成分は、昆布などに含まれるアミノ酸の一種・グルタミン酸と、かつお節や干しシイタケに含まれるイノシン酸。グルタミン酸には適度な食欲を刺激する一方、食後の満腹感を長持ちさせるという報告があります。
また、イノシン酸には血流を促す作用や疲労回復効果が期待できるといわれています。さらに、これらの成分を組み合わせることでうま味が7倍以上になるというデータも。こうしたうま味の相乗効果で、物足りなく感じられがちな減塩料理もおいしくなると注目されています。

◆毎日「だしドリンク」を

だしを手軽に取るには、みそ汁やすまし汁だけでなく、洋風のスープにするのもおすすめ。だしに梅干しやショウガ、トマトジュースなどを加えて、お茶のように楽しんでみてください。
温かいだしは血流を促す作用もあり、カフェインを含まないので就寝前のドリンクにもぴったり。飲み物のように毎日の暮らしに取り入れましょう。

鍋

 - 今日のひとネタ, 活力プラス