~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

マーガリン

      2018/10/24

先日、検査のために2泊3日で入院していたのですが、朝食はパン食でした。「無塩パン」という、どうやら塩分を使っていないホクホクの温かいパンとサラダ、そしてパンにはマーガリンがついていました。マーガリンはアルミの袋に入っていました。

最近、マーガリンにお目にかかるのはもしかすると、病院で朝ごはんを食べるときだけなんじゃないかと思います。我が家ではまあ、最近はあまり食べませんがトーストを作ると、塗るのはバターです。巷ではオリーブオイルを塗るという方もいらっしゃるようですが、それはちょっとという感じなんです、私は。パンに塗るならバターというのは、自分の中での決まりみたいなものになっているのかもしれません。ある時からはバターを薄く塗ってから、いちごジャムを塗るというかなりハイカロリーな手段に出るときもあります。でも、マーガリンを塗ってジャムを塗ってあるという菓子パンもありますよね。マーガリンも子供の頃に給食に出たものは、四角いもので銀紙に包んであるものでした。その時はパンに塗って食べていたと思いますけど、中にはパンに塗らないでそのままキャラメルのように食べてしまう同級生もいて、子供ながらに流石にそれはちょっと気持ち悪いなと思った記憶があります。

確かに病院で出たマーガリンのようにアルミの袋に入っていると、手のぬくもりで多少柔らかくもなるし、塗りやすくなると思います。パンも比較的暖かかったし、食堂に持っていけばトースターもあるので、食べても良かったかなとちょっと後悔しているんです。

マーガリン

 - 料理ブログ,