~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

養殖魚

      2018/10/19

ここでも何回か取り上げたことのあるマグロの養殖ですが、前の台風でいけすが壊れて逃げてしまったり、死んだりした個体が多かったらしいです。死んでしまったのは仕方ないとして、逃げ出した魚はどうなってしまうんでしょうか?餌のこともありますしね。

ところで、マグロと言えばお寿司ということになるかもしれませんけど、普通に握りもありますし、スキ身を軍艦巻ししたものや、鉄火巻なんて言うのもありますね。握りは生だけではなくて、漬け(づけ)という調味液に透けたものを握り寿司にするというのもありますね。江戸時代のお寿司というのはナマモノではなくて、いわゆる「ひと仕事したもの」を握っていたようです。寿司飯ももう少し大きかったとか。新聞のwebページに出ていましたが、長崎では白い鉄火巻もあるそうです。マグロの鉄火巻と合わせて紅白の鉄火巻というようにして出すところもあるすです。もうおわかりだと思いますkせど、白い方は白身の魚ですね。「ヒラス」という魚を使っているそうです。ブリでもハマチでも何でもいいということですが、ヒラスは養殖しているので新鮮なものが手に入るから使っているということです。ヒラスの正式な名称は「ヒラマサ」です。これならお聞きなったこともあるでしょうか?油があっさりしていて、高級魚ですよね。長崎のひとは歯応えのある魚を好むということなんで、この話をされていたお寿司屋さんは、マグロが無くても困らないとか。そういうことなら困らないかもしれませんね。

そういえば、お寿司の巻物。大巻というのは一般的な巻き寿司ですが、最近は海鮮巻みたいなものもありますね。何故か中巻きというのもあります、珍しいですけど。細巻きは先程から話題の鉄火巻とかですね。細巻きって、結構作るのに技術がいるようですよ。

養殖魚

 - 料理ブログ,