~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

カレーライス

      2018/10/04

最近良く見るエレベーター内の「デジタルサイネージ」というのでしょうか、エレベーター内の注意事項とかを表示している小さな液晶画面。私の行く仕事場にもあるのですが、注意事項などど共に、毎回違った豆知識みたいなものが表示されます。

先日、何気なく見ていたら、カレーライスについての情報が。カレーライスはインドから伝わったものではなくて、イギリスから伝わったものだというものでした。これは知っています。一時期、イギリスではインド料理、つまりカレーが大流行していたということも知っていますし、そのときにカレーライスみたいなものが生まれたことも聞いたことがあります。当たり前の話というか、イギリスではカレーライスはフォークで食べるらしいということも聞きました。スプーンはスープの時だけとか。ちょっと食べにくいなあとは思いますけど、今はどういうふうになっているのは知りませんけど。明治の頃に入ってきたんだそうですが「ビーフシチュー」のようなものだったとか書いてありました。そこで思い出したのは「肉じゃが」です。これは東郷平八郎という有名な昔の海軍の軍人がイギリスに視察だか勉強だかに行ったときにビーフシチューを見て、水兵さんに栄養があって食べやすいし、日本にあるものでも作れるのではということで、肉じゃがができたというのを思い出しました。あれ?なんか重なってるなあと思ったのですが、よく考えるとカレー粉を入れるか入れないかで中身はそんなに変わらないかなと。カレー粉がいつ日本に入ってきたかによって、いろいろと考察も変わってくるのかなと思いますけど。

まあ、肉じゃがはリサイクル料理のチャンピオンですね。余ればクリームシチューのルーを入れてシチューに。それでも余ったら、今度はカレー粉を入れてカレーにもなりますからね。具が最後の方でどれくらい残っているか、ここが肝心なところですが。

カレーライス

 - 料理ブログ,