~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

東海地方の旅

   

前の連休に、久しぶりに泊りがけで旅行に言ってまいりました。東海地方から、信州方面です。ちょっと地理的に微妙なところでしたが、静岡、山梨と行ったところですので、東海、信州という表現は間違っていませんよね。

車での気楽な旅ですので、新東名高速を使って「下部温泉郷」というところを目指します。その前に途中のサービスエリアで、浜松餃子を食べました。まあ、サテライトのお店なんで、こんなもんかと。もちろん浜松餃子特有にモヤシも添えられています。で、高速を降りて山道をはしてt,やっと到着。ここは武田信玄の隠し湯として有名なところらしく、最近ちょっとハマっている「ぬる湯」の温泉があるとのこと。まあ、とにかく山の中です。緑はたっぷりで、温泉もなかなかのものです。こんな所に1週間もいればリフレッシュできるのではないかと思います。夕食はバイキング方式で山女魚(ヤマメ)を串に刺して、遠火でじっくり焼いたものや、小さなひとくちサイズのお刺身の中に、最近食べていない鯉なんかもありました。他にもありましたけど、やっぱり山女魚が目玉ではなかったのでしょうか?川魚は好き嫌いがありますから、そんなに取っている人は多くなかったように思います。そうそう、このあたりの名物である「ほうとう」もありました。もうちょっと本格的なほうとうを食べたかったので、ここではパスしましたが。温泉をたっぷり楽しんで、翌日は富士五湖の方へ。あいにく午前中は富士山は見えませんでしたが、昼は「吉田うどん」というのを食べに行きました。かなり太めのうどんで、コシはどちらかと言うと名古屋の味噌煮込みうどんに近いものがあるなあと思いましたが、1軒のお店に行っただけですので。午後は勝沼の方のワイナリーへ。2軒のワイナリーを回って、3本のワインを購入してその足で清水市の方へ。ここで宿を取り、勝沼のスーパーで仕入れたものを肴に赤ワインを。まあまあ温泉より「大人の買い食い」というような旅でした。

結局三保の松原で綺麗な富士山に会うことができましたが、スマホのマップアプリはあまり信用出来ないかなと。三保の松原に行けたと思ったら、酷く荒れたところで。ちょっと変だと思ってその場を離れたのですが、しばらく走って本物の三保の松原に行けました。

東海地方の旅

 - 料理ブログ,