~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

味覚変化

      2018/09/07

アメリカでは2年ほど前にボトル入りの飲料水が販売量で、炭酸清涼飲料水を追い抜いたそうです。徐々に甘さを避ける傾向がこの辺りから起こってきたようですが、最近になって某コーヒーチェーンの「フラペチーノ」と呼ばれる甘い飲み物も人気が陰ってきたとか。

これはアメリカの話なんで、日本ではどうかというと良くはわかりませんが、私の周りでもあまり甘いものを飲んでいる人は少なくなっているようにも感じます。健康上のことでそういった事になっているのかは、よくわかりません。しかし、、今年流行った透明飲料は、色がついていないだけでもちろん甘いものですし、一見すると健康的な水を飲んでいるようにも見えるので、日本人は表面的なトレンドだけ取り入れているのかなとも見受けられます。どちらにしても、極端に甘いものは避けていく傾向にはあるんでしょう。甘いものに関しては、アメリカと日本ではちょっと事情が異なっていることはよくわかっているつもりなのですが。飲料だけにとどまらず、アメリカのお菓子、ケーキなんかは大きくてかなり甘いと聞いています。それと健康的な体型ということを考えると、甘いものを極力減らしていこうと考えるのも無理はないのかなと。グルグルと考えを巡らせていくと、次の和食の次のブームは「和菓子」ではないのかとも思えてきます。甘みはあるもの低脂肪だし、日本茶だけではなく、コーヒーや紅茶にも合いますからね。物によっては見て楽しむという要素もありますから。

とはいえ、たまには甘い物って身体が要求してきませんか?そんなときは我慢しないで食べてしまう今日此の頃ではありますが、いわゆるハイクオリティーな和菓子って意外と良いお値段がします。まあ、大福やおはぎの類でも我慢できなくはありませんが。

味覚変化

 - 料理ブログ,