~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

なすのカレー

      2018/09/04

ナスが美味しい季節にです。いろんな食べ方があると思いますけど、ナスの漬物は美味しいですが、自作するのはなかなり難しいですね。糠漬けするにしても、すぐに色が抜けてしまいます。昔、鉄釘を入れておくといいと聞いたことはありますけど。

ともかく、ナスのシーズンであることに間違いはなく、今はナスを食べるべきではないかと思うのです。ではどうして食べるか?ということになりますね。我が家では先に書いたように、糠漬けにします。が、色が抜けてしまって、情けないことになってしまいますが、そういうときは同じように糠漬けにした、キュウリと共に細かく切って、おろし生姜を混ぜて一品とします。あまり塩を利かせていない我が家の糠漬けは、食べるときにちょっと醤油を落とすと美味しいのです。最近は簡単に水を入れるとできる糠床などがあって、小さめのタッパウェアなどでも作れなすけど、あまり小さなものだと材料をキラ名うてはいけなあいので、その辺りは適度な大きさのものを。キュウリが入るようなら大丈夫でしょうね。他には、出汁で油揚げやニシンの炊いたものと一緒に似て冷蔵庫で冷やしたもの。これは作り置きできますし、冷たいので、なかなかイケます。よく作るのはカレーですね。なすのカレー。どんなお肉でもできますけど、ひき肉がいいようです。ナスの他には薄く切った玉ねぎや椎茸やキノコとかもいい感じに仕上がります。ちょっと辛めでスパイシーなカレールーを選ぶか、お子さんがいらっしゃるところでは甘めにして、大人はこしょうかチリソースを加えるといいのではないでしょうか。

ナスは体を冷やす効果があると言われているので、夏にはぴったりだと思います。あまりカレーとかを好まれない高齢の方にもひき肉とナスを使ったカレーなら食べていただけるのではないかと思いますよ。この場合は辛さを抑えてくださいね。

なすのカレー

 - 料理ブログ,