~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

たんぱく質をもっと知ろう 【2018/08/20】

   

◆牛乳と豆乳の違い

近年、たんぱく質についてのさまざまな研究が進んでいます。たんぱく質の種類による機能の違いを知っておきましょう。
牛乳と豆乳は優秀なたんぱく質源ですが、それぞれ特徴があります。牛乳の乳清(ホエイ)たんぱく質には抗炎症作用があり、体内の炎症を抑えて筋肉の再合成をサポートするため、筋量アップが期待できます。
一方、豆乳に含まれる大豆たんぱく質は植物性たんぱく質の代表格。抗酸化作用、血流促進効果が期待できる大豆イソフラボンを取れるのがメリットです。

◆筋トレで筋肉が減る?

年齢とともに、たんぱく質の摂取量や、分解・吸収する能力が低下し、筋肉が合成と分解を繰り返す機能も衰えます。そんな状態で筋トレを行うと、筋肉修復に使う素材が足りず、筋肉量が減るおそれがあるので注意が必要です。ただし、必要な栄養を十分に摂取した上で筋トレを行えば、筋肉が増えたという報告もあります。たんぱく質の摂取には、プロテインをうまく取り入れて補うのも一つの方法。運動の仕方や食事を見直し、健康を保ちましょう。

豆乳

 - 今日のひとネタ, 活力プラス