~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

土用の丑

   

今日は今年2回目の土用の丑の日です。さて、どうしたものでしょう。土用の丑の日というと、自然と「鰻」ということになるんですけど。もう一回、鰻にしましょうか?さすがに今年の夏はかなりキツイですからね。でも、お財布にも厳しいですね、ウナギ。

さて、どうしたものか。以前聞いたことがあるんですけど、土用の丑の日は「う」のつくものでもいいとか。「うなぎ」に限らず「うし」でもかなりパワーは得られるような気もしますけど。やすいお肉でステーキとかでもいいかもしれません。香辛料とともにオリーブオイルにつけておくと、柔らかくなって美味しいとも言いますし、缶詰ではないパイナップルなんかと一緒に漬け込むとこ、これも肉質が柔らかくなるとか。牛肉は工夫次第ですね。たまには「肉の塊」というのもいいかもしれません。甘党だと「土用餅」というのもアリかなと。これはこし餡を包んだお餅で、そんなに大きくはなく、スーパーとかでも売っているのを見たことがありますが、地方によって無いところもあるかもしれませんね。どうしてもウナギという方には、一匹のウナギがあればメインは名古屋名物の「ひつまぶし」風ご飯とウナギとキュウリの酢の物「うなきゅう」。ウナギをだし巻きで巻いた「う巻」というバリエーションではいかがでしょうか?季節的にちょっとお値段も下がり気味になっているかもしれませんが「ハモ」も鰻の代わりとして。代わりと言うなら究極は、イワシやサンマの蒲焼の缶詰というのもありますね。温めて、山椒でもふってやると、まあまあそれらしくイケます。魚肉で作った「鰻もどき」もそれらしい形でしたけど。

土用の丑の日の鰻は、いわば行事食ですので、ひと夏に一回あればいいというような気もします。無理にうなぎを食べなくても、夏を乗り切るスタミナを付けるということが、まずは大切なのではないかと思いますが、それにはどうすればいいか?が要工夫ですね。

土用の丑

 - 料理ブログ,