~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

国産の南国果実、広がる~気温の上昇が背景に~ 【2018/07/17】

      2018/07/17

地球温暖化を背景に、暖かい地域で栽培される南国系の果実を国内で育てる試みが広がっています。
愛媛県ではイタリア原産のブラッドオレンジを、宮崎県では中国南部原産のライチを栽培。また、小笠原諸島などで作られている南米原産のパッションフルーツについては、千葉県、三重県などが本土の気候に合った栽培方法の研究に取り組んでいます。栽培の難しさなどの課題もありますが、国産の南国果実を楽しめる機会が増えそうです。

フルーツ

 - Foods Garden, 今日のひとネタ