~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

盗み

   

そろそろ、またかと思われる方もいると思いますけど、サクランボやイチゴを盗む輩が出てくる季節です。どうも最近の記事を見ていると、事情に詳しいというか、たぶん自らも作っていたのではないか?もしくは取引していたのではないかという犯人が多いこと!?

盗まれるのは野菜や果物だけではなくて、先日も新聞の記事に出ていまsたが、ナマコを大量に撮って捕まったという犯人が。ナマコも中国などでは高く取引されるという話を聞いたことがありますし、新聞の記事によりますと、捕獲しやすいということもあるようです。まあ、一般的な魚のようにスイスイと泳いで逃げるわけではありませんからね。そう考えれば、それはそれでかなり卑劣かなと。禁漁とされているところで、そういった物を捕るというのは、資源の枯渇に通じますし、先々なくなってしまう可能性もありますから、卑劣です。そういえば、クロマグロなんかも捕獲量が決まっているんですけど、次の猟奇の北海道の捕獲量はゼロになったと聞いたことがあります。前年に決められた漁獲量の数倍の量をとったということで、そういう措置になったとか。国家間でも、漁獲量を制限していないものでは、やはり日本の隣国などでは大量に獲って、今はいいですけど最終的に資源が枯渇してきているというのはよく聞く話です。以下なんかはかなり漁獲量が落ちているようですし、サンマもそんなことを聞いたことがあります。この手の代表的なものにウナギがありますが、大手のスーパーでは蒲焼の売れ残ったものは、かなりの量が廃棄されているようです。資源の減少から考えるともったいない話です。

まあ、悪いことをする人の為のお仕置き的な話。よく知られているのは枕な畑にスイカを盗みに行って、盗んで帰るときに列車か何かに驚いて、それぞれが逃げ帰って、包んで盛って帰ってきて、無事に帰ってきた方が持って帰ってきたスイカの包を見ると…。怖い!

盗み

 - 料理ブログ,