~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

ラベルなし

      2018/06/06

ある飲料会社が、商品名などのラベルがないペットボトルのミネラルウォーターを発売することになったそうです。一見どこのメーカーのものかわからないようなものですけど、これは環境ほどのためなんでっしょうね。

今回売られるのは通信販売限定で、600ml入24本のケース入だけだそうです。しかし、よく考えたら、ケース買いするようなものに全部ラベルとつけるというのも、無駄な感じがしなくもありません。賞味期限やメーカー情報などはキャップに刷り込めば良いのかなあとも思えますが。とはいえ、東北の震災の時でしたでしょうか、キャップを作っているメーカーが被害を受けて生産がダウンして、一時期ペットボトルのキャップがみんな同じになってしまった?というようなこともおきませんでしたっけ?それでも、あんなに凝った大きなラベルよりは、箱で売るようなものはもっと小さなシールのようなものでもいいとは思います。基本的に中身は同じなんだし、コンビニや自動販売機で売るようなものは色んなデザインがあっていいと思いますが、中身が好きでその商品のシンパになっている人にはそういった簡易包装のペットボトルでも構わないのかなと思います。先日、我が家でも賞味期限の関係で2000mlのミネラルウォーターを大量に空けましたが、ラベルが面倒でしたね。ある時期を境にボトル自体も材質の薄いものになっていたり、資源の節約が行われrているようなので、ラベルも同じようで構わないのかなと思います。ただ、キャップだけはちゃんとしっかりしたものにはしてほしいですけどね。

飲料水に関して、こういった事が行われると資源節約になると思いますが、まさかコーラとブラックコーヒーを間違うなんてことはないでしょうね?それはちゃんとキャップを確認しないといけないでしょうけど、何といっても箱売りだけそういうのにしましょうと…。

ラベルなし

 - 料理ブログ,