~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

コンビニコーヒー戦争

      2018/05/29

何でも戦争にしてしまいますねえ、日本人って。好戦的なだなあと見えなくもありませんが、今回はすでに終戦を迎えているコンビニドーナツより以前からある、コンビニコーヒーです。今やどこのコンビニに行ってもコーヒーがありますね。

2012年に200億円程度の市場だったそうですが、今は10倍以上の2300億円市場になっているようです。徐々に色んな商品が出てきましたね。ホットコーヒーとアイスコーヒーだけでも、まあまあできたてのものが飲めるというのが嬉しいんですが、カフェラテとかフラッペとか。開発する方も大変なんでしょうけど、高級感をだしているものもありますね。私もよくコンビニコーヒーは買いますが、なかなかコストパフォーマンもいいんじゃないかと思います。といっても、カフェラテとか、フラッペはさすがに買いませんけど。この市場規模、もうちょっと稼ぎたくなるのが商売人の辛いところですかね。単価アップを考えているようです。ブレンド系ではなくて、単品系。モカだとかそういうのを全面に出してきているようですが、どうなんでしょうか?今飲んでいるコーヒーが不味くなってきたら、そっちに乗り換えますか?まあ、値引きされて安くなって、味が落ちるようだったらコンビニコーヒー飲めませんよね。

さて、どういう戦略で各コンビニはお客さんを集めるのか?安くて便利というのがコンビニコーヒーの基本。値段が上がるんなら、高速のサービスエリアに置いてあるような自動販売機のコーヒーが、進出してくる可能性もあるんじゃないかなと思いますけどね。

コンビニコーヒー戦争

 - 料理ブログ,