~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

大福餅

      2018/05/22

幕末の思想家、吉田松陰は餅菓子を好んだらしいです。吉田松陰が好きだった大福餅が山口の道の駅で売られているとか。この好んだといわれている餅が大福餅であったかどうか、定かではないらしいのだが、1ヶ月で6回も買ったという記録が残っているとか。

この出費は江戸にいた頃のものらしくて、誘惑に負けて買食いしたことを恥じる文章も残っているとか。どうもイメージと違いますよね。とはいえ、吉田松陰の思想的イメージも最近ではちょっと変わってきていると聞いたこともあります。大福餅と言うと、最近気になっているのは、大福の腹に切り口を入れて、イチゴが見えるようになっているものです。一番最初に見つけたのは、沖縄のいつもお邪魔しているwebSiteで、沖縄の商店街のお菓子屋さんが大福を取り寄せて、同大をヘビの口に見立てて顔のようなものを書いていちごを食べているようにしているものでした。一般的ないちご大福は中にいちごが入っていますよね。なかなかユニークだなあと思ってそれは見ていたんですけど。工夫によっては色んな顔に見立てて、いろんなものを食べさせる?ことも可能ですね。なかなか面白いと思います。しかし、あのコラボレーションはあんパン以来の和洋折衷と行っていいんでしょうか?いちごを勝手に洋のものとしてしまいましたが。

餅菓子といえば、最近朝の連ドラで取り上げられたせいか、五平餅が中部地方の高速道路のサービスエリアとかで、爆発的に売れているらしいです。今更、五平餅は珍しくもないと思うのですが、時々買ってしまいます。やたら甘くないというのが良いところですね。

大福餅

 - 料理ブログ,